商品管理について 初めてのお客様へ 送料・お支払について 返品・キャンセル 通信販売法に基づく表示
前に戻る トップページに戻る
 
  日本酒豆知識 良くあるご質問

日本酒名称の定義
◆吟醸酒◆
 原料米の表面の脂肪やタンパク質など、いわゆるお酒の雑味の原因となるものを削り落とし、精米歩合60%以下の芯のデンプンだけにして低温でじっくりと醸したお酒。「吟醸酒」のうち、醸造アルコールを添加しないものが「「純米吟醸酒です。精米歩合が50%以下になると「大吟醸」「純米大吟醸酒」と表示できます。

◆純米酒◆
 文字通り、純粋にお米だけで造られているお酒で、醸造アルコールなどは一切添加されていないお酒です。精米歩合も70%以下と定めています。精米歩合が60%以下又は、酒造好適米の使用割合が50%以上の場合、「特別純米酒」の表示ができます。

◆本醸造酒◆
 純米酒に一定量(白米重量の10%以下)の醸造アルコールを加えたお酒。純米酒同様に精米歩合も70%以下と定められている。精米歩合が60%以下又は、酒造好適米の使用割合が50%以上の場合「特別本醸造酒」の表示が出来ます。

◆普通酒◆
 特定名称酒以外のお酒を総称して普通酒と呼んで区分しています。精米歩合の規制は無く、醸造アルコールの添加量も上限はありませんが、本醸造より多い量が添加できます。アルコール添加で薄まった味を調えるために糖類、酸味料、調味料なども添加しているものもあります。中でも「三増酒」と言われるものは、文字通り酒の量が純米酒の三倍にもなります。必ずお酒のラベルには原材料名が記載されていますので、これを見ればどれに当るお酒かだいたい判断できますが普通酒や三増酒の表示はありません。


※醸造アルコール
サトウキビかすやタロイモなどを発酵蒸留させたエチルアルコール





  今が”旬”!おススメ商品はコチラ!!




前に戻る トップページに戻る
  厳選!最新入荷商品





  地酒銘柄別

  焼酎蔵元別

  和リキュール蔵元別

  タイプで選ぶ