商品管理について 初めてのお客様へ 送料・お支払について 返品・キャンセル 通信販売法に基づく表示
前に戻る トップページに戻る
 
  日本酒豆知識 良くあるご質問

精米歩合は高いほど良い?
 最近あまり聞かなくなったが、「YK−35」と言う言葉がある。10年以上前に、山田錦を35%まで磨き、9号酵母を使用しなければ、全国清酒鑑評会の金賞をとるのは困難だ、として言葉だったと記憶していますが、現在はバイテクにより、様々な香気成分を出す酵母が出現し、もはや9号酵母では金賞受賞は難しいらしい。鑑評会については、ここでは本題から外れるので避けるが、最近では28%精米なんてものまで出てきている。



 米は磨けば磨くほど粗たんぱく質や脂肪分が取り除かれ、純粋なデンプン質だけが残るようになり、できた酒は、より綺麗になっていく。それでも、効果はせいぜい40%ぐらいまでだと思われる。



 仮に、それで出来た香気成分が高い大吟醸酒は、当然価格の高い酒になり、消費税は頻繁に買えないし、食中に飲むには香味が料理の邪魔をしがちなので、食前か食後に少し、と言うことになる。
 清酒は食中に、TPOにより燗で飲んだり、冷で飲んだりする物であると思う。その酒が磨きすぎて味薄で物足りないだろうし、磨きが少なすぎてごつくなっても飲みにくいだろう。



 それは当然米の品種、酒質、熟成期間、熟成温度にも左右される。だから、一概に何%が一番良いなんていえないが、少なくとも磨けば良いと言うものではない。



 酒屋万流という言葉があるけれども、一般の飯米や外国産米を50%に磨き、大吟醸ですと言う蔵もあれば、80%精米の山田錦を純米醸造し、普通酒として販売している蔵もある
名称に関わらず、お客様が味で判断するしか、今の所方法はない。





  今が”旬”!おススメ商品はコチラ!!




前に戻る トップページに戻る
  厳選!最新入荷商品





  地酒銘柄別

  焼酎蔵元別

  和リキュール蔵元別

  タイプで選ぶ